【北米にはない壁】なぜ韓国車は日本で売れない・売れなかったのか【撤退】

【北米にはない壁】なぜ韓国車は日本で売れない・売れなかったのか【撤退】
この記事の所要時間: 348

デザインに関しては決して悪くない韓国車
というよりもかなり良いものもあるくらい最近の韓国車のデザインは頑張っている。

北米では一時売れていた時期もあるし現在も北米でシェア拡大を進めている
今年のNBAオールスター2016でもKIAのロゴがデカデカと何度も目に入るほど広告にもお金をかけている
(日本では全く見ないKIAだけにあれには驚いた)
NBAオールスターで韓国車のキアのロゴ

ヒュンダイ自動車は驚くことに全世界の販売台数では、ホンダや日産を抜いて世界で第5位・アジア2位という躍進ぶり。

でもこの日本で韓国車を見たことがある人がどれだけいるのだろうか。


本当に見ることの少ない韓国車

現在は起亜(KIA)や現代(ヒュンダイ)は日本から撤退しているから見ることは難しいけれども、
私は数回見たことがあるけど特別かっこ悪いとも思わなかった。
寧ろアラ良いですね~と少しだけ思ったのは内緒にしておく(笑)
韓国車のヒュンダイのデザイン
家電製品の世界やスマートフォンでは韓国のサムスンやLGが昔に比べたら
違和感なく日本の市場にも確実にジワリと浸透してきている。と思う。

でもこの自動車という分野においては韓国車は全くといっていいほど浸透していない。

そもそも韓国車メーカーが日本市場をハナから狙っていない(諦めている?)といえば
それまでだけど個人的にはいくらデザインを頑張っても性能を良くしても
今後、10年、20年は日本には浸透しないんじゃ・・・と思うわけね。
それはブランドイメージというかカントリーイメージというものが根底にあるのかもしれない。

今後本格的に再び参入してきたとしても、やはり日本人の中に【大金を出して買う大切な車でアジアメーカーなら日本以外いらないわ】という概念・認識があるんじゃないかなぁ

私もそうだけど・・・

日本国内における韓国車の中途半端な立ち位置

韓国車のデザイン
例えば500万のフランス車や300万の日本車より400万の韓国車
欲しがる日本人がどれだけいるのだろう

つまり高すぎても当然、買われないしそこそこの金額なら日本車、安すぎたら何だか怖い、
デザインを頑張っても私のようなデザインフリークがネットで『あら、良いじゃんこれ♪』で終わりなのである

こと自動車において韓国車が日本市場に今後参入してシェアを拡大していくのは極めて難しいと思う。

それこそ本体価格以外の付加価値、つまり5年間の整備費無料パックや車検費用負担など現実的ではない
プランを用意する以外あまり考えられない。
少なくとも日本においては国内勢とドイツ車が圧倒的すぎて残されたパイが極めて少なく
あのフォードでさえ撤退を余儀なくされるほど。

スマホアプリのカカオやラインも元を辿れば韓国メーカーだし人気のギャラクシーもそう。

ただこれらは電子機器やアプリであってスマートフォンのギャラクシーもたかだか数万円

数百万レベルの韓国車が今後、日本でどう展開していくか
そういう意味でも韓国車というのは非常に興味をそそる存在。

韓国車の課題と再参入してくることはあるのか

韓国車のデザイン
再参入の可能性としては0ではないはず。
今後、もし日本に再参入してきたらどうマーケティング、販売し、日本車、ドイツ車を相手にシェアを拡大させていくのか。
低価格路線なのか、高級路線なのか、アフターサービスの充実なのか、サプライズな抱き合わせ商法なのか、デザインを今まで以上に
尖らせたものにするのか。

近年、デザインをプジョーや欧州車に似せてきているのはそれだけ高級車メーカーへの脱皮も視野に入れているのかもしれない。

ただ韓国車は日本車のハイブリットシステムやEV、欧州車のディーゼル、安全機能、高機能なシステムなど
に比べ、一体なにを独自で開発してきたか?と言われたら何も思い浮かばない。

韓国車の課題の1つにデザインと並行して自分たちで新たな”もの”を開発しないと今後は厳しいかもしれない。
デザインを真似ることから新技術の開発へとステージアップできれば日本でもシステムがまず取り上げられ
少しずつ認知度があがっていくんじゃないかな。
それなくしてデザインだけで高級車路線は厳しい。

彼らがどうシェアを拡大していくのか楽しみにしたい。

車に関するニュースカテゴリの最新記事